角のうぐいす@博多駅

Pocket

先日、労働審判が福岡地裁小倉支部でありまして、

前日の夜に福岡に前入りをいたしました。

夜9時30分くらいまで、ホテルで仕事をして、

少しだけ軽く飲みにでも行くかと思い、

ブラついてみました。

そしたら、なんだか良さげなお店があるじゃないですか。

そいでもって、1人で入ってみたんです。

お店の名前は、

角のうぐいす

お店のHPは→こちら

めちゃくちゃ活気がありました。

お客さんもたくさん。

 

まずは、生ビールを1杯ほど。

 

頼むべき一品ということで。

牛すじどろ炊き

角の豚串

おお、ほろほろやんか。うまいのう。

 

個人的な好物の板わさ。

板わさでお酒を飲むのって、大好きなんです。

元気な弾力あるかまぼこだとよりテンション上がります。

 

ちくわの天ぷらを。

これも大好物なんですw

お子ちゃまかって。

 

いも焼酎のソーダ割りにスイッチ。

 

軟骨の唐揚げ。

カレーのスパイスが効いていて、うますぎる。

これは良いつまみや。

 

3000円くらいでした。

安い。うまい。

幸先良い福岡出張でした。

 

5月28日 堀文子(日本画家)

いつも不安の中に身を置いておく

絵は他の人から学ぶことはできない。ただ、自分のだらしなさが直に表れます。ですから自分がいつも未知の谷に飛び込むこと。不安の中に身を投げていなければダメだと思っております。いつも不安の中に身を置いて、昨日をぶち壊していくということです。ですから学ぶよりも「壊す」というのが私のやり方です。そして、過ぎたことを忘れることです。

 

凄い。けど、疲れそうw

いっつも不安の中にいたら、すごく疲れそう。

自分に負荷をかけてということだと思うのですが、自分には真似できないなぁと思いましたです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です