今月の原勇太シェフ

Pocket

先日、原さんのお料理を食べに行ってきました。

私厨房勇さん

お店のHPは→こちら

食べログでの紹介は→こちら

原さんの料理は、なんと言っても、

疲れさせない

に尽きるかと思います。

食べ疲れないんです。

この意味わかります?言いたいことわかります?

食べ疲れないんですよ。

なんとなくわかると思うのですが、どうでしょう。

 

まずは、ビールから。

写真には、池ちゃん(いけだてつやさん)が映ってます。

 

三種の前菜。

桃の中華風甘酢漬け

江戸前穴子の中華風南蛮漬け

本日の鮮魚のお刺身サラダ

桃、うめーーー。穴子、うめーーーー。

 

トマトと中国ハムの冷たいスープ。

トマトの酸味がいい感じ。

 

活鮑と冬瓜の干し貝柱上湯蒸し

冬瓜うまし。あーーー、幸せやぁ。

 

グラスの白を。

 

ヤリイカと五種グリーン野菜のバジル炒め

烏賊うますぎ。そして、グリーンの彩りがまたいい。

綺麗。映える感じ(°▽°)

 

黒毛和牛すじ肉とクレソンのトマト煮込み

味が濃縮されておりますなぁ。

 

オリジナルガーリックシラス醤とレタスの炒飯

はっはっはっ。うまいのう。おいしいのう。

 

追加で坦々麺を。これまたやみつきになるお味。

 

阿波和三盆杏仁豆腐

とろけますねぇ。

 

今回も美味しかった。

 

8月29日 高田明(ジャパネットたかた創業者)

一所懸命やらなかったことを失敗という

私は一所懸命やらなかったことを失敗だと思っているので、やってダメだったことは失敗じゃないんです。やっぱりプロセスが大事。結果はうまく行くこともあるし、うまく行かないこともある。そこで工夫改善を繰り返していけば、いつの間にかうまく行くことが重なってくると思います。

 

なるほど、一所懸命やらなかったことを失敗という。

一所懸命やれば、それは失敗ではない。

全力投球できなかったら失敗。

これは面白い物差しだなぁと思いました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です