令和4年版厚生労働白書

Pocket

今年も公表されました。

そう、厚生労働白書。

公表先は→こちら

現状と見通し

・高齢者の急増から現役盛大の急減に局面が変化しているとのこと。

→人材確保は令和の社会保障における最重要課題の1つ

これまでの主な取組みと課題

・医療・福祉サービス提供の担い手は、国家資格者、地方自治体、NPO/NGO、ボランティアなど多様な主体により支えられているとのこと。

→医師は33万人、看護士は127万人、はり師は12万人、保育士は64万人、介護福祉士は175万人

・介護職員は月額7.5万円、保育士は月額4.4万円の処遇改善を実施。

今後の方向性

・持続可能な社会保障制度の実現のためには、安定的な医療・福祉サービスの提供が不可欠

→そのための人材確保・イノベーションの導入を推進

 

詳細を読んだわけではありませんが、処遇の改善というのも効果はあるのだろうけれど、

そうではない何か、働くって何なのかを、根本から見直してみるというのもいいのかなと思ったり。

 

9月28日 加治敬通(ハローデイ社長)

ピンチはチャンスだ、ありがとう

つらいことがおこると・感謝するんです

これでまた強くなれると・ありがとう

悲しいことがおこると・感謝するんです

これで人の悲しみがよくわかると・ありがとう

ピンチになると・感謝するんです

これでもっと逞しくなれると・ありがとう

つらいことも悲しいこともピンチものり越えて

生きることが人生だと言いきかせるのです

 

ここまで前向きになれると、強いだろうな・・・

まだまだ無理や(°▽°)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です